実は危険がいっぱい!生野菜のスムージーの落とし穴

スムージー 野菜 生 危険

野菜スムージーは美容や健康に効果があると思っていませんか?そこでブレンダーを購入して、毎日ほうれん草や水菜を入れてスムージーを作りを始める方が多いです。生の野菜を摂取することが健康への第一歩だと信じて飲み続けようと決意するようですが、実際には野菜に含まれる窒素が体内に蓄積されると発がん性が上がったり、血液障害を引き起こしたりする危険があるので野菜スムージーを作る際は注意が必要です。

さらにスムージー作りは多くの場合、素材を生で使用するので、残留農薬を避けるためにオーガニックの食材を使用することをおすすめします。しかしオーガニックだからと言ってそのまま使用することはおすすめできません。オーガニックの食材は自然により近い農法で育てられている分、土壌に繁殖する菌が多く付着している場合が多いので、ゆでたり焼いたりしてから食すのが正しい摂取の仕方です。しかし、ゆでたり焼いたりしてしまってはせっかくの栄養素が壊れてしまうので、オーガニック食材を使用する意味がなくなってしまいます。痛しかゆしといった結果になってしまうのが辛いところです。

これらの問題を解決するためのおすすめの方法は粉末タイプのスムージーを飲むということです。これなら生で食べることから起こりうる危険を回避することができます。しかも普通に自分で作るよりも多くの栄養素を摂ることができます。スムージーを生成する際に野菜や果物に含まれる酵素は失われてしまいますが、酵素によって生成される発酵エキスなどが、多く含まれるので、効果的に健康を手に入れることができるのです。

何より色々な野菜を準備する必要がないですし、水に溶かしてシャカシャカするだけなので、本当に簡単です。忙しい朝でもすぐに栄養素がたっぷり入った野菜スムージーを飲むことができます。値段も安いので、普通にスーパーで野菜や果物を買うよりもうんと経済的です。せっかく美容と健康を手にいれるのなら手軽で賢くが良いのではないでしょうか。